よろしくね。

 

1・26

 

1・18

 

12.22

 

 

1・26

 

     恵理先生のメッセージ

    


 子どもたちは寒さに負けず元気に園庭を駆け回っています。氷鬼やサッカーが変わらず人気ではありますが、11月からは縄跳びに夢中で、毎日「縄跳び競争しよう!」と誘い合い、誰が引っかからずに長く跳べるかを競い合っています。また、あや跳びや交差跳びどの難しい跳び方にも挑戦しているこもたくさんいて感心しています。
 その中で素敵だなと感じたことは、友達同士の励まし方です。毎日頑張っているけどなかなか跳べずに苦戦している子に「頑張って!」「絶対跳べるよ」とパワーを送っていたり、「手をこうするといいよ」とアドバイスを送りあっているんです!そして友だちが跳べると一緒に喜びあっています。そんな優しい年長さんがとても素敵だし、3年間の成長を感じてとても嬉しい気持ちになりました。これからも、友達同士協力し合い、助け合い、認め合いながら過ごしていってほしいと思います。

 運動会のカラーガードでは1人では難しいことも友だちと一緒なら頑張れるという体験を、リレーではチームみんなで力を合わせる大切さや最後まで諦めずに頑張る気持ちが育ちました。また、作品展では3年間の製作を通して培った想像力、それを作り出す力が発揮された作品が出来上がりました。
 夏祭り、運動会、作品展を経験し心も身体も大きく成長した子どもたち。1年の集大成である生活発表会もきっと頑張って取り組んでくれると思っています。一人ひとりの成長を今後も見守っていきたいと思います。

 残すところ3か月となり、毎日がカウントダウンのようで寂しい気持ちでおりますが、子どもたちが自信を持って小学校へ進級出来るよう、また「幼稚園楽しかった」と思って卒園出来るよう、1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。

 運動会では土曜日の雨の中、そして順延しての園庭での発表を見に来て下さった保護者の皆様。バザーでは子どもたちや保護者の方々みんなで楽しめる企画を考え、当日まで動いて下さったお母様方。たくさんのご協力があったから、2学期も無事に終える事が出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!!
来年も変わらぬご協力よろしくお願い致します。


りすぐみのみんなへ
みんなといっしょにいくそりあそびがとってもたのしみです!
クリスマスやふゆやすみのおもいで、たくさんきかせてね☆
ケガやかぜにきをつけて、たのしくすごしてね。