よろしくね

12・22

1・18

1・18

1・26

 

              愛理先生からのメッセージ

2学期もありがとうございました!!!!

 2学期は運動会・作品展・園外保育や遠足など、たくさんの行事がありました。それぞれの行事で、1学期同様、様々なご協力を頂き本当にありがとうございました。
12月に入ってから少しずつ寒くなってきましたが、子どもたちは寒さに負けず、外で元気よく遊んでいました。鬼ごっこやどろぼうけいさつなど、走り回って遊んでいたり、遊具を使ったおうちごっこも自分たちで役を決めて楽しんだりしており、たくさんのお友だちと関わって遊んでいる姿が見られるようになりました。まだまだ、ごっこ遊びが大好きなこの学年のお友だちですが、最近では、少しずつ、バナナ鬼が子どもたちの中で流行ってきています。その他にもかくれんぼも流行っており、自由遊びで「バナナ鬼やろ!」「かくれんぼしたい!」と、子どもたちから声を掛けてくれることが増えました。今後も新しいゲームを提案しながら、好きな遊びが増えていくよう保育していきたいと思っています。
また、体操で始まった縄跳びを頑張っている子も多く、少しずつ縄の回し方も上手くなり、日に日に跳べる数が増えてきています。あきらめずに練習して、出来るようになると、とてもうれしそうに見せてくれ、お友だちとも一緒に喜び合う姿もありました。ぜひ冬休みも子ども達に声を掛け楽しんで取り組んで頂けたらと思います。
お部屋では、ブロックで道路を作ったり、みんなで協力して高く積みあげて遊んでいたり、おままごとをしていたり、みんなで会話して楽しんでいます。カードゲームなどのルールのある遊びも楽しむ姿が見られ、遊びの内容も発展してきたことを感じます。
ピアニカも引き続き楽しんで取り組んでおり、年中組での目標である「メリーさんのひつじ」も頑張って合格する子が増えてきています。今はそれぞれのペースで曲の練習に取り組んでいますが、合格すると「次は何?」とどんどん意欲を増し、上達する姿が見られ、すごいなぁと感じています。
そして、来月からは学年のまとめ、3学期を迎えます。年長組への進級も近づいてきました。年中組さんは子どもたち一人ひとりの自我が出てくると共に、視野が広がってきたり、友だちとの関わりがより深まる時期です。2学期は日々の保育、運動会や遠足、作品展など様々な行事を通して、仲間意識が芽生え、園生活をのびのびと楽しむ姿が見られました。私も保育する中で、子ども同士の関わりを大切にしながら、自分で考えて行動したり、いろんなことを達成していく充実感が味わえるよう、声をかけてきました。これからの3学期、進級する喜びを持ちつつも最高学年になっていくということも意識しながら子どもたちと接していきたいと思います

2学期も、多くの行事の中で、温かいご理解・ご協力、本当にありがとうございました。
3学期も子どもたちと過ごせる毎日を大切に、過ごしていきたいと思います。
皆様、よい年をお迎えください。

ちゅうりっぷぐみのみんなへ

たのしいふゆやすみをすごしてね!
3がっきにげんきなみんなにあえるのを

たのしみにしています♪
            あいりせんせいより